不遼馬場を物ともせずに一番人気のキセキが勝利した菊花賞。切手買取の後に思う、日本競馬の今後はサンデーサイレンス系からではなく、キングマンボ系が席巻するような気持になった。ディープインパクト産駒は確かに活躍しているが、G1を多数勝利したのはジェンティルドンナのみであること。

キングカメハメハ産駒はホッコータルマエ、ロードカナロア、アパパネなどがいる。今後は真打ちレイデオロがどのように活躍することにより種牡馬としての価値を向上するだろう。

そういう意味では今日の菊花賞を前売り段階で一番人気のトーセンホマレボシ産駒のミッキースワローを当日で人気を奪い勝利した、ルーラーシップ産駒のキセキは新たな軌跡になるのかもしれない。